中古車の値引き交渉がすごく難しい理由を調べました

中古車は販売側にも利益が少ないから値引き交渉が非常に難しい!!

という口コミってよく聞きますよね?

先日、私も中古のステップワゴンで欲しいのがあったので、店頭に行って値引き交渉をしてみましたが、値引き交渉には応じてもらえませんでした。

中古車の値引き交渉って、交渉に応じてもらえなくて普通なんです。今回少しその事情をご紹介してみたいと思います。

中古車は店頭価格にマージンがない

コンパクトカーの情報サイトに中古車の値引きに関する記事がありましたが、店頭価格は中古車情報誌やカーセンサーなどの中古車検索サイトにそのまま掲載されるので、あまり利益をみて高く設定しているお客さんが来てくれません。

また、中古車市場は値段勝負でどこも激戦状態なのでできるだけ安く価格設定する必要があるのでもうすでに精一杯の価格の場合がほとんどです。特に個人運営の中古車屋さんなどは値引きはほぼ不可能と考えて良いと思います。

値引きするとすれば自動車保険比較するのがベストかと思います。

大手中古車センターなら値引きの余地はあるかもしません

ビッグモーターなど大手の中古車専門店では、まだ値引きの余地があるかもしれません。ビッグモーターなどは何万台という規模で中古車在庫を持っていて、情報誌などで集客しなくても来店客は来るので少しだけ店頭価格に余裕を持っていることが多いです。

また、自社で買取販売をしているのでオークションなどの中間マージンがなくより安い原価で仕入れているため利益を多くとっている場合があります。

そのため、契約の意思さえあれば値引き交渉には多少応じてくれるようです。とはいうものの中古車なので新車の方に何十万という値引きはできず、最高でも5万円、大体は乗り出し価格の端数をきる程度が限界だと思います。

オプションやサービス対応で還元してもらうのがポイント

中古車は値引きが難しいので、代わりとしてオプションを追加してもらったり、オイル交換無料や、納車陸送費を無料にしてもらったりサービス面で交渉してみると上手くいきやすいです。

車両本体の値引きではなくて、他のサービスで色々つけてもらうことは結構できるので試してみる価値はありそうですね!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする